21日投開票の参院選を題材にした特別授業が18日、三好市の池田高校体育館であり、2、3年生312人が選挙や政治への理解を深めた。

 白石雅也教諭(公民)が、選挙権年齢の18歳以上への引き下げや、参院選が徳島と高知の合区で行われることを説明。選挙区の候補者のうち2人を匿名で取り上げ、消費税増税や少子化対策など四つの争点で、それぞれの主張を紹介した。

 生徒は争点ごとにどちらを支持するか、体育館内を移動して意思表示。投票時に何を重視すべきか、考えを巡らせた。

 3年の平田芽衣さん(17)は「教育など身近な政策に関心がある。参院選に注目したい」と話した。