18日、午後から激しい雨が時折降り、雷も鳴った。釣り人は少なく、目立った釣果はあまなかった。

 [船釣り]<伊島沖>18日、仕立船で出掛けた3人がジギングで63~70センチのサワラ5匹、65~78センチのメジロ4匹、55、66センチのマダイ2匹、32~45センチのアジ7匹、サバ、ガガネ、ホウボウを各1匹。別の船は1人が78センチまでのサワラ5匹、マダイ、メジロを各1匹。

 [波止]<金磯岸壁>18日、7時半から10時までイガイを餌に落とし込み仕掛けで40、45センチのチヌ2匹。

 <答島港>18日、草などの浮遊物が多く、釣りづらかった。潮はほとんど動かず、ささ濁り。夜明けから8時半までコーン、自作の加工沖アミ、ネリ餌をローテションしながらハリス1号、チヌバリ3号でウキを沈めて、タナを探った阿南市の人が32、44、55センチのチヌ3匹。餌取りにはフグが多かったが、チヌのアタリが出はじめるとしばらく餌が残るようだ。

 <由岐>18日、赤灯付近で釣ったアジを餌に、0・8キロのアオリイカ1匹。

 <津田沖ノ一文字>17日、コーナー付近を落とし込み仕掛けで40~47センチのチヌ7匹。通称ダンサ付近で2人が42~49センチを12匹。赤灯付近でサビキ仕掛けでマメアジ300匹とツバス9匹、セイゴ2匹。

 [イカダ]<由岐>17日、9時半ごろまで曇りで、日が出てからは東寄りの風が吹き13時ごろから南東に変わった。潮の流れは安定せず、上潮が速いが底潮が動かず二枚潮。ささ濁りで水温23・7度。11時半までサオを出した阿南市の人が、25~33センチのマダイ8匹。別の人が沖向きでハリス1~1・2号でウキ下4~7ヒロを探り、30センチのシオと同型のサヨリを各1匹。地寄りで終日サオを出した人は、市販の加工沖アミを餌にハリス0・8~1号チヌバリ1~2号でウキ下4~6ヒロ半を探り、25センチ前後のマダイ9匹と32センチのアイゴ1匹、30、38センチのサヨリ2匹、37~48センチのチヌ4匹。マダイのアタリはよくあるものの、底潮の動きが悪いためか食いが渋くハリ外れやスバリを引くことがよくあった。

 [磯]<恵比須浦>17日、下り潮で水温23・9度。大辰巳周辺のハエで底物を狙った人が46、48センチのイシダイ2匹と40センチのイシガキダイ1匹。別の人も48センチのイシダイと40センチのイシガキダイを各1匹。フカセ釣りをした人は25センチ前後のグレ10匹と40センチのヒラマサ1匹。(県釣連盟報道部)