苗を植える徳島北高の学生

 徳島北高校のJRCボランティア部員が、北島、藍住両町をまたぐ北高ロード商店街の花壇を整備した。

 1~3年の約30人が参加。商店主に教わりながら、商店街入り口にある長さ約15メートルの花壇にマリーゴールドやコスモスなどの苗約300本を植えた。花は10~11月が見頃になる。

 ボランティア部は毎年、花壇の整備を手伝っており、週2回の水やりも担当する。細川珠里部長(18)は「商店街が明るい雰囲気になるよう、しっかりと花の手入れをしたい」と話した。