担任から通信簿を受け取る児童=徳島市の入田小

 県内で3学期制を採用している全ての公立小中高校と特別支援学校で19日、1学期の終業式があった。

 徳島市の入田小では音楽室で式があり、藤島小百合校長が全校児童約60人に「いい夏休みにしてください」と呼び掛けた。児童は元気よく「はい」と答え、全員で校歌を歌った。

 教室に戻った児童は、担任教諭から通信簿を受け取った。1年の武市柚乃さん(7)は「夏休みはプールでいっぱい泳ぎたい」と笑顔で話した。

 2学期制を採用している鳴門、小松島、阿南、美馬の小中学校などでも、夏休み前の集会があった。