いわゆる「夏風邪」と呼ばれる感染症は、抵抗力の弱い子どもを中心に流行しやすく、予防と対策が必要だ。 手足口病は患者が増えているとして、7月11日に県内全域に警報が発令された。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。