19日、県内は梅雨前線や暖かく湿った空気の影響で、時折強い雨が降り警報が発令されている場所もあった。今からの時期は、スズキやチヌ、キビレ、アジなどの食いが活発になるが、高波や急な増水など安全には十分注意してほしい。

 [波止]<牟岐港>18日、午前中の約3時間半、ハリス1・2号グレバリ6号のフカセ釣りで36~48センチのチヌ4匹。沖アミをマキ餌にサシ餌には沖アミと市販のネリ餌を使用した。付近で赤アミを餌にサビキ仕掛けで10~13センチのアジ80匹前後。

 <椿泊湾>19日、日没後の約2時間、赤アミを餌にサビキ仕掛けで10~13センチのアジ150匹。

 <和田島漁港>18日、夜明け前の約2時間半、キビナゴを餌にウキ釣りで指幅3~4本を3匹。潮の動きが悪い時間帯は仕掛けを投げてからゆっくりと巻いてくるとアタリがあった。

 [潮入り川]<勝浦川>19日、勝浦浜橋下流で日没後の約2時間、アオイソメを餌にウキ釣りで25~36センチのキビレ3匹と28、33センチのセイゴ2匹。同所でアオイソメとミミズを併用したチョイ投げで50、55センチのウナギ2匹。

 <助任川>18日、下流で夜明け前の約1時間半、アオイソメを餌にウキ釣りで28、39センチのキビレ2匹。

 [ルアー]<大松川>18日、野鳥公園周辺で午前中の約3時間、スピナーベイトとザリガニ型ワームのテキサスリグで35~43センチのブラックバス4匹。

 <新町川>19日、かちどき橋下流で日没後の約2時間、8センチのシンキングミノウとストレートワームのジグヘッドリグを使い48、71センチのスズキ2匹。(県釣連盟報道部)