出島壁画再創造プロジェクトの寄付金を募るCFサイト(イメージ)

 阿南市那賀川町の出島海岸沿い防潮堤(全長約2・8キロ)に約30年前に描かれた壁画の再生を目指す「出島壁画再創造プロジェクト実行委員会」は21日午前9時から、プロジェクトの資金をクラウドファンディング(CF)で募る。

 寄付額に応じて、プロジェクト(11月10日予定)に参加できる権利をはじめ、地元産のコメや阿波牛、那賀川町出身のファッションデザイナー橋本淳さんがデザインしたTシャツなどを返礼品として贈る。

 目標額は350万円で、塗料代や周辺の清掃費、返礼品の製作費などに充てる。CFサイト「CAMPFIRE(キャンプファイア)」で9月15日まで受け付ける。URLは<https://camp-fire.jp/projects/view/173387>。

 壁画は1990年に住民団体が企画し、約7千人が参加して制作。30年近くがたち、大部分が消えかかっている。プロジェクトでは、1年間に約500メートルずつ、計6年かけて新たな壁画を描く。