台湾の蔡英文総統

 【台北共同】台湾の蔡英文総統は19日(日本時間20日)、外交関係のあるカリブ海の4カ国歴訪を終え、経由地の米西部コロラド州デンバーに到着、コロラド州選出のガードナー上院外交委員会東アジア等小委員長と会談した。蔡氏は米国による台湾への武器売却に謝意を表明、ガードナー氏は、米議会は台湾への武器売却を支持し続けると応じた。総統府が明らかにした。

 両者は台湾海峡の安全に関して意見交換した。総統府によると、ガードナー氏は「台湾海峡の安全を注視するとともに、台湾が必要とする防衛能力の向上に協力する」と表明した。