とくしま藍の日を前に設置された藍染ののぼり=上板町七條

 24日の「とくしま藍の日」を前に、上板町泉谷の藍染体験施設・技の館は、藍染ののぼり13本を同町七條の県道松茂吉野線沿いの歩道に設置した。

 のぼりは縦約2メートル、横約60センチ。絞り染めで表現したさまざまな模様が描かれている。技の館の来場者や、地元の神宅、松島両小学校の児童ら計186人が染めたハンカチを縫い合わせた。

 技の館は「染料である蒅の生産量日本一の町をPRしたい」としている。今月末まで設置。24、28両日はイベント会場に移すため、撤去する。