自身初の海外単独公演を台湾で開催した登坂広臣

 三代目 J SOUL BROTHERSのボーカル・登坂広臣が20・21日の両日、台湾・台北南港展示館1館で自身初となる海外単独公演『HIROOMI TOSAKA 台北演唱會 2019 SUPERMOON ~UNDER THE MOONLIGHT~』を開催した。所属事務所LDHのソロアーティストとしても初の海外単独公演となり、2日間で現地ファンら6000人を魅了した。

【写真】台北松山空港で熱烈な歓迎を受ける登坂広臣

 登坂は2016年9月、EXILE TAKHIROとともに映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』の舞台あいさつで訪台。レッドカーペットでは1000人以上のファンから熱烈な歓迎を受け、「いつかライブで必ず戻ってきたい」と誓った思い出の地で、3年越しに念願をかなえた。

 公演前日の台北松山空港には登坂を一目見ようと、ライブを待ち焦がれた400人ものファンが出迎えた。台湾のファンとの約束を有言実行した登坂は「毎回温かく迎え入れてくれる。こうしてライブが実現できて、改めて頑張ってきてよかったです」と感慨深げに話した。

 ライブでは特別な演出を用意し、最新曲「NAKED LOVE」や、自身が主演を務めた映画の主題歌でもある中島美嘉「雪の華」のカバーをはじめ、日本でのソロツアーでは歌うことのなかった三代目JSBの代表曲「R.Y.U.S.E.I.」や「O.R.I.O.N.」をメドレーで披露するなど、6曲の初披露曲を織り交ぜた。

 MCでは流ちょうな中国語も披露したほか、ゲスト出演した盟友・ELLYことCrazyBoyと披露した最新コラボ曲「LION KING」では、LDHが展開するダンス&ボーカルスクール、EXPG STUDIO台北校の生徒らもバックダンサーに加わり、観客を沸かせていた。

 日本のファンもうらやみそうな演出で1時間30分で全18曲を熱唱。愛称の「OMI」コールで包まれたステージの最後には「必ずまた新しいエンターテインメントを台湾の皆さんに持ってくることを約束しますので、待っていてください」と再会を誓った。

 登坂は17年から「HIROOMI TOSAKA」としてソロプロジェクトを本格始動し、今後も海外での挑戦を視野に入れている。「世界的に見ても、音楽に国境はないと肌で感じていますし、国境を超えて音楽を届けることが当たり前になればと思います。いま、世界の目がアジアに向けられているので、自分としてもアジア圏はどんどん行ってみたいですし、段階を踏んで、アジア全域でチャレンジしたい」とさらなる高みを目指す。

 続けて「アジアツアーとか、ワールドツアーということを大げさに考えるのではなく、一つのツアーの行程の中に日本や台湾、中華圏のライブがあってもいい。もっともっとマインドを当たり前の感覚に変えてチャレンジしていきたい」と新たな目標を掲げていた。

■『HIROOMI TOSAKA 台北演唱會 2019 SUPERMOON ~UNDER THE MOONLIGHT~』セットリスト
01. SUPERMOON
02. CHAIN BREAKER
03. BLUE SAPPHIRE
04. NAKED LOVE
05. WASTED LOVE
06. EGO
07. DIAMOND SUNSET
08. One Last Time
09. 雪の華
10. PINK DIAMOND / CrazyBoy
11. U.N.I.(You & I) / CrazyBoy
12. LOCO / CrazyBoy
13. LION KING / HIROOMI TOSAKA feat. CrazyBoy
14. LUXE / HIROOMI TOSAKA feat. CrazyBoy
15. 三代目JSB Medley(Share The Love~R.Y.U.S.E.I.~O.R.I.O.N.)
16. END of LINE
【アンコール】
17. UNDER THE MOONLIGHT
18. HEART of GOLD


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。