「とんでもない行為をしたということを一生背負い、できることは全力で償っていきます」。審理の最後に裁判長から意見を求められた被告の男(40)は、被害男性=当時(20)=の遺族に向かって頭を下げた後、こう語った。  男性は男が徳島市で経営するコリアンバーの従業員だった。男の誘いを受け、キックボクシングを始めた。Kー1ファイターの武尊(たける)選手に強い憧れを抱き、「武尊選手のように強くなりたい」と、2017年6月ごろから男にスパーリングを求めるようになった。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版(有料)に登録してください。