「とんでもない行為をしたということを一生背負い、できることは全力で償っていきます」。審理の最後に裁判長から意見を求められた被告の男(40)は、被害男性=当時(20)=の遺族に向かって頭を下げた後、こ…

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。