自民党の岸田文雄政調会長はお膝元の参院選広島選挙区(改選数2)で、岸田派(宏池会)重鎮・溝手顕正元国家公安委員長を落とした。広島は池田勇人元首相以来の宏池会の牙城。てこ入れを図ってきただけに「ポスト安倍」を狙う岸田氏には大きな痛手となった。

 自民党は党本部主導で2人目の公認、河井案里氏も擁立した。党県連は反発し溝手氏支援に注力したが、菅義偉官房長官や党幹部らが河井氏を援護。溝手氏は、野党系無所属現職を含む三つどもえを勝ち抜けなかった。