徳島市出身の作家で僧侶の瀬戸内寂聴さん(97)が21日、京都市の寂庵で法話の会を開き、京都アニメーションの放火殺人事件を踏まえ「本当に怖い世の中になった」と嘆いた。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。