[波止]<津田沖ノ一文字>21日、5時から7時間、イガイを餌に落とし込み釣りで35~45センチのチヌ20匹。白灯でパッチンを餌に投げ釣りで20センチ前後のキス34匹。

 <小松島港沖ノ一文字>21日、赤灯でサビキ仕掛けを使い、10センチ前後のアジ500匹。カニを餌に落とし込み釣りで40~51センチのチヌ3匹。

 [磯]<大島>21日、水温25・2度で上り潮。底物狙いは港回りのクジラで35センチのイシガキダイ2匹。タキで50センチのイシダイ1匹。別の人が35センチのイシダイと27センチのイシガキダイを各1匹。桃オチ地でルアーを使い、30センチのシオ1匹と同型のツバス3匹。

 <高知・甲浦>21日、水温23度。クジラオクで30~39センチのグレ13匹。湾内の2号イカダで34センチのグレ1匹。

 [イカダ]<ウチノ海>21日、チヌは、中央付近のヤカタでカカリ釣りをし23~46センチを14匹。別のヤカタで30~42センチを3匹と25センチのマダイ1匹。近くで25~38センチを3匹。沖アミを餌に徳島市の人が43、45センチを2匹と25、30センチのマダイ2匹、35センチのキビレ1匹。サヨリ狙いで3人が合わせて25~35センチを300匹。

 [投げ釣り]<鳴門>20日、坂田の波止でマムシを餌に12時から2時間、徳島市の人が30~39センチのキビレ3匹。ポイントは70メートル前後。

 <小松島港>21日、南防で9時半から3時間半、マムシとアオイソメ、イシゴカイを餌に39~43センチのキビレ3匹。(県釣連盟報道部)