男子200メートルバタフライ予選 力泳する瀬戸大也=光州(共同)

 【光州(韓国)共同】水泳の世界選手権第12日は23日、韓国の光州で行われ、競泳男子200メートルバタフライ予選で瀬戸大也(ANA)は1分54秒56の全体2位で夜の準決勝に進んだ。

 女子200メートル自由形予選の白井璃緒(東洋大)は1分58秒10の12位、五十嵐千尋(T&G)は16位で通過し、男子50メートル平泳ぎ予選の小関也朱篤(ミキハウス)も27秒33の16位で準決勝進出を決めた。

 水球男子の日本は9~12位決定予備戦でモンテネグロに7―14で敗れ、25日の11、12位決定戦に回った。