参院選の結果を受けて共同通信社が実施した全国緊急電話世論調査によると、安倍晋三首相の下での憲法改正について「反対」が56・0%、「賛成」は32・2%だった。