[船釣り]<伊島沖>22日、乗合船で出掛けた人らがジギングや釣った魚を餌に63~75センチのサワラ12匹と60~80センチのメジロ15匹、30~60センチのマダイ4匹、50センチのヒラメ1匹、アジ、サバ、マハタ、ガガネ、ホウボウ数匹。

 [イカダ]<ウチノ海>22日、ヤカタでサヨリを狙い、25~35センチを150匹。別の人も同型を300匹。

 [波止]<赤石東ふ頭>22日、時折激しい雨が降る中、岸壁で5時半から4時間半、イガイを餌に落とし込み仕掛けで釣り歩いた小松島市の出張雅彦さんが、30~48センチのチヌ3匹。別の人も20~46センチを4匹。アタリはあるものの掛からなかったり、餌を取られたり、大型はよく引き、ハリ外れや足元の穴に入りバラシもあるようだ。9時半から3時間、サビキ仕掛けで9~13センチのマメアジ80匹と30センチのサヨリ3匹、25センチのツバス2匹。

 [潮入り川]<牟岐川河口>21日、雨水が流れ込み薄濁りで潮の流れは速かった。右岸で5時から5時間半ほど、阿波一風の福岡伸治さんが市販の加工沖アミを餌に56センチのチヌ2匹と35センチのへダイ1匹。少し上流で阿南黒潮会の井口賢さんが黄色の加工沖アミを餌にハリス0・8号チヌバリ3号でウキ下3ヒロ半で35~45センチのチヌ3匹と30センチのへダイ1匹。左岸では8時半まで釣った人が50センチのチヌと30センチのキビレ、同型のへダイ、20センチのモンツキイサギを各1匹。15時から3時間半、少し下流で47・5センチのチヌ1匹、55~65センチのボラ5匹。同行の人も43~51センチのチヌ6匹と20~23センチのグレ3匹、15センチのメッキアジ1匹。先端付近ではアイゴやボラが数匹釣れていたが未確認。

 [投げ釣り]<県内>20、21日に徳島SC協会キス投げ釣り選手権大会が29人の参加で行われた。競技は21日の13時までに津田海岸で計量。キスの長寸と重量で順位を決めた。椿町で徳島鱗友サーフの矢野勝彦さんが26・3センチ、1865グラムで1位。小松島で徳島キャスターズクラブの千葉敏雄さんが23・8センチ、2746グラムで2位。椿町で徳島鱗友サーフの川上郁夫さんが26センチ、1560グラムで3位。上位の餌はイシゴカイなど虫餌。他魚では撫養川で徳島悠友サーフの尾形丹士さんが42・3センチのへダイで1位。

 [川]<打樋川>22日、雨のぱらつく午前中、支流を釣り歩いた2人がソフトルアーや小型のミノウで33センチのブラックバス1匹と55、65センチのナマズ2匹。(県釣連盟報道部)