梅雨開けで蒸し暑い中、試合の合間に水分を補給するこども野球のつどい参加選手=24日午後1時ごろ、徳島市の吉野川河川敷グラウンド

 高松地方気象台は24日午前、四国地方が梅雨明けしたとみられると発表した。平年より6日、昨年より15日遅い。梅雨期間は28日と過去7番目に短かった。

 気象台などによると、四国地方は比較的広い範囲で晴れている。徳島県内も晴れている所が多く、今後も高気圧に覆われて晴れる日が増えるとみて判断した。梅雨明けの平年は7月18日ごろ、昨年は同9日だった。

梅雨が明けて青空が広がる中、熱戦を繰り広げる高校球児たちに声援を送る応援団=24午後日、鳴門市の鳴門オロナミンC球場