第53回全日本高校馬術競技大会の開会式であいさつされる、秋篠宮家の次女佳子さま=24日午前、静岡県御殿場市

 秋篠宮家の次女佳子さまは24日、静岡県御殿場市の馬術・スポーツセンターを訪れ、第53回全日本高校馬術競技大会の開会式に出席し「今までの練習の成果を思う存分発揮されることを期待しております」とあいさつされた。

 大会には全国36校の約180人が出場。開会式後、佳子さまは競技を観戦した。

 開会式に先立ち、会場前で出迎えた地元の保育園児と交流。佳子さまは「みんな何歳ですか?」などと、笑顔で言葉を交わしていた。

 佳子さまは今春、国際基督教大を卒業。その際の取材に対する文書回答で、公務に臨む機会が増えるとの見通しを示していた。