奥田雄大

 J2徳島ヴォルティスは25日、鹿屋体育大4年のDF奥田雄大(22)=徳島県小松島市出身=が2020年シーズンから加入することが内定したと発表した。

 奥田は181センチ、72キロのセンターバック。対人に強く粘り強い守備と、後方からの攻撃の組み立てが特長。ヴォルティスの育成組織のジュニア、ジュニアユースを経て、徳島市立高、鹿屋体育大へと進んだ。大学では主将を務め、九州大学リーグ1部で首位と同勝ち点の2位に付ける。3日の天皇杯2回戦ではJ1名古屋を下している。

 奥田は「思い入れのあるクラブでプロとしてサッカーができることをうれしく思う。支えてくれた方へ恩をプレーで返すことができるよう日々努力していきたい」とコメントした。