徳島県警は26日、徳島市の50代男性が融資保証金名目で現金5万円をだまし取られたと発表した。

 捜査2課によると、5月~6月上旬にインターネットの融資申し込みサイトに登録したところ、6月11日に架空の会社を名乗る男から電話で融資の申し出があり、5万円の融資を申し込んだ。

 その後、男から「審査に通った。融資するには保証金が必要」と連絡があり、14日にインターネットバンキングを通じて3万円を振り込んだ。同日中に男から「融資金を振り込む業者への一時金が必要」と言われ、さらに1万円を振り込んだ。17日にも一時金として1万円を要求され、送金した。

 今年の県内の特殊詐欺被害は今回を含めて18件、被害額は約3589万円。融資保証金詐欺は2件、約158万円となった。