[潮入り川]<牟岐川>28日、河口右岸の岸壁で14時から5時間、阿南市の人が加工沖アミを餌に46センチのチヌ2匹。別の人が同型を1匹。近くで25センチのヘダイ1匹。アタリのあったタナは2ヒロ半。ハリスは1号でチヌバリ2号を使用した。潮が澄んでいるため食いは悪く、20~25センチのサバが多く回遊し釣りづらかった。

 [波止]<小松島港沖ノ一文字>28日、カニを餌に落とし込み釣りで探り歩き、40、51センチのチヌ2匹。

 [イカダ]<ウチノ海>28日、中央付近のヤカタでカカリ釣りが23~45センチのチヌ10匹と25、43センチのマダイ2匹。別のヤカタで25~30センチのチヌ4匹と28センチのマダイ1匹。サヨリ狙いは夫婦で25~35センチを300匹。周辺で釣ったアジを餌に泳がせ釣りで60センチのヒラメ1匹。また、各ヤカタでサビキ仕掛けを使い、10センチ前後のアジが好調に釣れており夏休みに入った家族連れなどが楽しんでいる。

 [投げ釣り]<新町川>28日、河口近くの左岸の突堤で6時から7時間半、マムシとアオイソメ、イシゴカイを餌に29~37センチのキビレ5匹。

 [船釣り]<高知・室戸沖>28日、波風ともに穏やか。速い上り潮で水温27度。仕立船で120センチのカンパチ1匹と40~50センチのサバ30匹。別の船では70センチのクエ1匹と40~50センチのサバ40匹。

 [友釣り]<勝浦川>28日、釣り具メーカーファングループの大会が行われ、7時から5時間で釣れたアユの数を競った。1位は17匹。2位は12匹。3位は11匹。水位は平水よりやや高めで濁りはなし。釣れたアユは18~25センチが主体で場所によってはアユが少なく、釣果も悪かった。1位の釣り場は沼江で、2、3位は数カ所を探り歩いた。

 <海部川>28日、平水より20センチの増水で濁りはなし。アユは、上流の専用区で9時から5時間釣り歩き、14~24センチを20匹。周辺では8時半から7時間で14~22センチを24匹。別の人が9時から6時間で16~23センチを22匹。大井で8時半から6時間半探り歩き15~20センチを15匹。                             (県釣連盟報道部)