徳島県は8月1日から、徳島ならではの食が楽しめる飲食店を観光客らに紹介する「阿波ふうど繁盛店」制度の運用を始める。飲食店を認定して積極的に情報発信し、食を目当てに来県する観光客らの誘客を図る。

 認定対象は県産食材を使った料理や郷土料理などを、おおむね年間を通じて提供する県内の飲食店。県は7月1~16日に実施した1次募集で集まった全147店を認定し、制度のロゴマーク入りのポスターやのぼりを配ったり、ポータルサイトで紹介したりしてPRする。

 徳島市の阿波踊りが開かれる8月12~15日には、県すだち・ゆこう消費推進協議会と連携した「すだちメニューキャンペーン」も行う。希望店舗にスダチを配り、スダチを使った料理を提供してもらうほか、宿泊施設への店舗マップの配布などに取り組む。

 県は随時、認定を受け付けている。問い合わせは県もうかるブランド推進課<電088(621)2431>。