神山町に移住してきた米カリフォルニア州出身のマット・ローソンさん(47)と高松市出身のさつきさん(43)夫妻が4月に開いた、テークアウトもできるカフェ。「自分たちが食べたい料理を提供する飲食店を開きたい」という長年の夢を実現させた。

写真を拡大 「ショップかたやま21」の店舗横に店を構えている

 店の一押しは、マットさんが「本場アメリカの味を食べてほしい」と再現したハンバーガー。牛肉100%のパティは150㌘と大ぶり。塩のみで味を付け、つなぎや添加物を使っていないので、肉のうま味がより引き立つ。焼くときに押さえつけることで表面はこんがり、中はジューシーに仕上がる。

写真を拡大 一番人気の「チーズバーガーセット」

 ハンバーガーの一番人気は「チーズバーガーセット」(900円、50円追加でレタスをトッピング)。マヨネーズやマスタードなどを組み合わせたスペシャルソースと酸味が利いたピクルスはパティとの相性抜群で、オニオンのシャキシャキした食感がアクセントとなっている。セットの厚切りフライドポテトもボリューム満点だ。

 パティにひよこ豆を使った「ファラフェルベジバーガー」(700円)など、さつきさんが考案するヘルシーなメニューのほか、サンドイッチやカレーも用意。さつきさんは「1年間はプレオープン期間としているので、お客さんの意見を聞きながらメニューを充実させていきます」と話した。

写真を拡大 赤を基調としたカウンター席のみの店内

 住所=名西郡神山町神領北403−1
 営業時間=10時半~14時半
 定休日=日曜
 駐車場=有り
 問い合わせ〈電090(1324)8900〉