徳島県は31日、香港と徳島阿波おどり空港(徳島空港)を結ぶ国際季節定期便の運航日とダイヤを発表した。運航日は11月9日から来年3月28日までの毎週水、土曜日で、1日1往復。期間中、計41往復82便を運航する。

 県次世代交通課によると、発着時間は午前9時半に香港国際空港を出発し、午後2時に徳島空港に到着。折り返しの便は午後4時15分に徳島を出発し、同7時35分に香港に到着する。キャセイ・ドラゴン航空(香港)が運航する。

 前回の季節定期便(2018年12月19日~19年3月30日、30往復60便)に比べ、期間は約1カ月半長い。県は搭乗率の目標を前回の80・8%以上としている。