子ども食堂を運営する来田さん(右)に野菜を贈る妹尾さん=阿波市市場町のJA市場町

 地元産野菜を提供して子ども食堂の運営を支援しようと、阿波市市場町のJA市場町は地域の子ども食堂に組合員が育てた野菜計11キロを贈った。

 阿波町のショッピングプラザアワーズで「ニコニコこども食堂」を開いている主婦来田美晴さん(40)=市場町香美=がJA市場町の本所に招かれ、JAなす部会長の妹尾浩和さん(46)が「子どもがおいしく食べられるよう調理してほしい」と、自ら収穫したナス約6キロとカボチャ約5キロを渡した。贈られた野菜はニコニコこども食堂で振る舞われた。

 野菜の無償提供はJA市場町の地域貢献事業の一環。県内のJAで子ども食堂に食材を提供するのはJA徳島市に次いで2例目。