1日午後7時半ごろ、徳島県海陽町四方原の国道を歩いていた同町奥浦、無職女性(74)が、同町大里、会社員男性(36)の乗用車にはねられた。女性は頭などを強く打ち、牟岐町内の病院に運ばれたが、約1時間20分後、頭蓋底骨折による脳損傷で死亡した。

 牟岐署によると、現場は片側1車線の見通しの良い直線道路。車道上にいたとみられる女性に、直進してきた男性の車が衝突した。署が詳しい状況を調べている。