営業を始めたわじきライン林間キャンプ村のグランピングテント=那賀町百合

 2014年8月の台風11号で浸水被害に遭った那賀町百合の「わじきライン林間キャンプ村」の復旧工事が完了し、新設したオートキャンプ場やグランピングテントの営業を始めた。

 町は浸水した土地を1~5メートルかさ上げし、15人用コテージ1棟と4台分のオートキャンプサイト、ソファやベッド(4台)を備えたグランピングテントを新設。トイレを復旧し、キャンプサイトを芝生にした。総事業費は1億2382万円。

 テントサイトの使用料は1日2500円、コテージなどの宿泊費は1日8000~2万8000円。

 キャンプ村は台風による那賀川の氾濫で、4人用ケビン(トイレのないコテージ)7棟やトイレ、バーベキュー棟など施設の大半が使えなくなった。