鳴門市のボートレース(競艇)事業を巡り、市が交付した補助金の適否が争われた住民訴訟で、最高裁第1小法廷(深山卓也裁判長)は2日までに、原告と被告双方の主張を聞く弁論を9月19日に開くと決めた。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。