台風8号の予想進路

 台風8号は3日午前、南鳥島近海を北西へ進んだ。4日に小笠原諸島に接近するとみられ、気象庁は暴風や高波、大雨に警戒するよう呼び掛けた。5日から6日にかけて強い勢力で西日本の九州などに接近、上陸する恐れがあり、注意が必要。

 徳島地方気象台によると、徳島県内には5日夜に最接近する見込み。上陸の可能性はないとみている。