「ご存知ですか?前立腺の病気のこと」西谷真明 氏

 

 前立腺は男性だけにある臓器で、その病気も男性特有のものです。最近、前立腺肥大症や前立腺がんの患者数は急速に増加しています。

 前立腺は、ぼうこうの下にあるクルミくらいの大きさの器官。前立腺の中には尿道が通っており、病気などによって前立腺に変化が起こると、排尿困難・頻尿・排尿痛・血尿などの排尿に関連した症状を引き起こします。

「急性前立腺炎」の発症は中高年の男性に多く、重症化に注意が必要な病気です。発熱、排尿困難があれば、早期受診が必要です。治療は、安静を保ちながら抗菌薬の投与を行います。

「前立腺肥大症」は前立腺が大きくなる良性の病気で、自覚症状と検査の結果を合わせながら治療方法を選択します。手術が必要な場合、当院では身体への負担の少ないグリーンライトレーザー手術を行っています。

「前立腺がん」は、前立腺に悪性腫瘍ができる病気で、早期発見にはPSA検査が有効です。自覚症状がなくても50歳頃からは定期検診を行い、早期治療につなげてほしい。

「気になるけど言えない、聞けない女性のおしっこの悩み」伊藤文子 氏

 

女性が相談しづらい、頻尿、尿漏れ、陰部不快感。その症状に、泌尿器科医が答えます。急な尿意と昼夜の頻尿の原因になる、過活動ぼうこう。薬物治療がよく効きますが、カフェインや刺激物を避けたり、尿意を我慢して膀胱を拡げる「ぼうこう機能訓練」が効果的。せきやくしゃみ時の尿漏れは、腹圧性尿失禁かも。力仕事や立ち仕事の多い女性は特に骨盤底筋が緩くなりがち。「骨盤底筋体操」で筋力を取り戻しましょう。骨盤底筋のゆるみは骨盤臓器脱の原因にも。股の間にピンポン玉のような感触を触れることがないですか?それは子宮やぼうこうや腸が膣(ちつ)を押し下げている状態。初期なら骨盤底筋体操が効きますが、放っておくと大きくなります。矯正下着やペッサリーリング、手術など治療法はたくさんありますので、まずは受診して相談しましょう。

他にも、血尿、排尿痛、残尿感などは深刻な病気の兆候かも。おしっこのことで悩んだら泌尿器科へ!お気軽にご相談ください。

「いきいき百歳体操(徳島版)で元気で長生き〜認知機能改善編・口腔機能改善編〜」鶯春夫 氏

 

 日本人の平均寿命は世界第2位で、男性は約81歳、女性は約87歳。しかし問題なのは、介護を受けずに自立して生活できる「健康寿命」です。要介護者は年々増加傾向にあり、それとともに介護保険料も上がってきています。病気になれば、医療費に加え、介護保険料の負担が家計を圧迫します。超高齢社会が進む中、誰もが、最後まで生き生きと過ごしたいと願っています。そのためには、健康寿命を平均寿命に近づけていくことが大切なのです。

 その一つとして注目してほしいのが「認知症予防」対策。高齢者の認知症は、今後ますます増加すると予想され、2025年には65歳以上の3人に1人が認知症や軽度認知障害になると言われています。

 本日は、認知機能改善のための運動をご紹介します。はじめに、ウォーキングなどの「有酸素運動」。ウォーキングの場合は普段歩くよりも少し歩幅を大きくし、早く歩くことを意識することが大切。次に、「筋力トレーニング」。いきいき百歳体操は、DVDを見ながら座ったままでも筋力トレーニングができる体操で、徳島県下では現在19市町村、約400カ所で定期的に開催されています。お近くの会場に足を運び、ぜひ積極的に参加していただきたいと思います。最後に、「二重課題運動」について。これは、運動課題と認知課題を同時に行い、認知機能を改善するものです。例えば、野菜や魚の名前を挙げながら歩く、計算やしりとりをしながら歩く、車のナンバープレートの数字を足し算しながら歩くなど。転倒や事故に十分注意をしながら、安全な場所を選んで行いましょう。

 次に紹介するのは、「口腔(こうくう)機能改善」について。高齢になると、フレイル(虚弱状態)対策が重要になります。筋力等が低下することで口腔機能が衰えると、食事が取れなくなり栄養状態が悪くなります。滑舌が悪い、お茶や汁物でむせるなどの症状がある人は、「口腔機能の改善体操」を習慣化させてほしい。これは、唾液腺のマッサージの他、舌や頬などの運動をすることで、スムーズに食事が取れるようになったり、誤嚥(ごえん)防止となる効果があります。

 148の論文を吟味したアメリカの研究で、長生きに影響を与える要因は、肥満の解消、運動、禁煙と同等以上に、「人とのつながり」が大切であることが分かりました。健康な生活を送るためには、「出かける場所がある」「話せる仲間がいる」といったことが大切なのです。いきいき百歳体操では、近所の公民館などで仲間たちと共に毎週一緒に体操を行っています。どんどん利用して、人とのつながりを増やし、元気に長生きしていただきたいと思います。

質疑応答※聴講者から事前に募った質問に対し、新田、鶯両教授が回答した。

 慢性腎炎による腎機能の衰えを遅らせる方法について教えてください。(69歳男性)

新田 慢性腎炎は、脱水や感染症で悪化しやすいのが特徴です。腎臓にとっては水がとても重要であるため、水分を十分取ること、手洗いうがいをして風邪をひかないことが大切です。過労や激しい運動も良くありません。歩いて足腰を弱らせないことは大事ですが、やりすぎは禁物。また、処方された薬をきちんと飲むことも大事です。

Q 嚢胞(のうほう)腎のことについて、遺伝性がどの程度あるのか教えてください。(84歳女性)

新田 多発性嚢胞腎は常染色体性優性遺伝なので必ず子孫に伝わるが、遺伝子は両親から一本ずつ対で伝わるため、それぞれの遺伝子の組み合わせでどう発現するかはまだよく分かっていません。そのため、両親のどちらかが嚢胞腎の場合は、20~30代のうちから超音波検査によって腎臓に嚢胞がないかどうかを調べたり、腎機能の検査を受けたりして、早期発見・早期治療に努めるのが大事なのです。ぜひ早いうちから専門医にかかってほしい。

Q いきいき百歳体操の、認知機能改善編と口腔(こうくう)機能改善編のDVD配布または販売はありますか。(59歳女性)

 

 今回ご紹介したDVDの認知機能改善編については、24市町村のうち、この体操を行っている19市町村では市町村役場でコピーしてもらえる所もあるので、ぜひ問い合わせてほしい。口腔機能改善編については、徳島大学歯学部の尾崎先生が担当になるのでそちらに問い合わせてみてほしい。まずはお住いの市町村の保健師さんに聞いていただき、困ったときには徳島県理学療法士会にご相談ください。

 運動しようと思っていてもなかなか続きません。続ける方法を教えてください。(55歳女性)

 いい体操でも1人で続けるのはなかなか大変。今日ご紹介したように、週1回だけでも皆で集まって体操を行う通いの場にぜひ参加してほしい。近所にそういった集まりがない場合は、市町村の保健師さんに相談して通いの場の立ち上げの希望を出してほしいと思います。