政府と東京電力が、福島第1原発での溶融核燃料の取り出しを2号機から始め、原発敷地内に保管する方向で検討していることが5日、関係者への取材で分かった。安全性を高めるため燃料を乾燥させて保管する。