写真を拡大  東陽で人気のネギ盛り放題のギョーザ(手前)と中華そば(奥右)、支那そば(同左)

 白と茶を基調としたしゃれた外観とレトロなちょうちんが目を引くラーメン店。スープを2種類から選べるラーメンとギョーザを中心とした多彩なメニューで、利用客に愛される地域で一番の店を目指している。

写真を拡大  中華そばは茶系の徳島ラーメンスタイル

 ラーメン共通のベースとなるのは、12時間以上煮込んでうま味を引き出した豚骨スープ。そこに厳選したしょうゆだれを合わせて豚バラ肉をのせた「中華そば(小600円)」は、しょうゆの香ばしさを生かしつつ、まろやかで後味はすっきりとしている。

写真を拡大  支那そばは白系の徳島ラーメンスタイル

 特製の塩だれを合わせた「支那そば(小600円)」にはチャーシューやのりが添えられており、濃厚ながらも優しい味わいだ。オリジナルの香油と塩だれで炒めた青菜をのせた「支那そば青菜入り(700円)」は青菜のシャキシャキ感が楽しい自慢の一品だ。

写真を拡大  ギョーザは盛り放題のネギと合わせるとサッパリと食べられる

 お客からのリクエストを受けて7月からメニューに加わったギョーザ(6個300円)は、昼時でも臭いを気にせず食べられるようにニンニクの有無を選べる。ざるで提供されるネギが入れ放題で、パリパリに焼き上げられた皮やジューシーなあんと相性抜群だ。

写真を拡大  スタイリッシュな東陽の外観

 中華そば、支那そばに250円追加すればライスまたはサラダと日替わりの一品料理が付く。ギョーザを中心としたランチ(750円~)や飲み放題プラン(半時間1000円~)も充実している。=価格は税込み

■東陽
 住所=徳島県徳島市沖浜3丁目58
 営業時間=11~22時
 定休日=無休
 駐車場=22台
 問い合わせ=TEL088(678)5225