[波止]<牟岐川河口>6日、南東の風で、波も少しあった。左岸で6時から約4時間、阿南黒潮会の竹内啓二さんが市販の加工沖アミを餌にウキ下3ヒロ前後、ハリス1号、チヌバリ2号で25、45センチのチヌ2匹。潮と風は同調して安定していたが、小型のチャリコが多く釣りづらかった。

 <東沖洲>5日、旧沖洲突堤周辺は、サビキ仕掛けで7~10センチ前後のマメアジが好調。1時間余りで約70匹。別の数人もよく似た釣果。

 <撫養川河口>6日、8時すぎから4時間ほど、市販のサヨリ仕掛けで大粒の赤アミを餌に25センチ前後のサヨリ約40匹。食いのいいときにはサビキ仕掛けでもアタリがあった。

 <亀浦観光港>6日、サビキ仕掛けにウキを付けたチョイ投げで、マメアジを狙う釣り人が10人。7~8センチ前後を50~60匹。日暮れすぎからは20センチを超える良型も混じるようだ。

 [潮入り川]<吉野川>4日、四国三郎橋下流右岸で5時から6時間、市販の加工沖アミとネリ餌を使いウキ下2~3ヒロで35センチ前後のキビレ2匹と45センチのチヌ1匹。同行の人は35センチのキビレ1匹。

 [磯]<津島>4日、南寄りの風で南からのうねりもあった。水温26・5度。バフンウニを餌に底物狙いの釣り人は3人。潮待ちでクレ石船着で37センチのイシダイ1匹。9時半ごろに一番に替わり、2人で40、42センチのイシダイ2匹と35センチのイシガキダイ2匹。

 [友釣り]<高知・仁淀川>ほぼ平水で濁りはなかった。3、4日の両日、中流域に遠征した阿波市の人が20~26センチのアユを3日に45匹、4日に25匹。

 [船釣り]<鳴門海峡>4日、ある遊漁船で4~7月中旬までタイラバージグを使ったマダイの釣果で予選を行い、勝ち上がった7人と昨年優勝者の8人が5匹までの総重量で競った。優勝は徳島市の國吉さんで5920グラム。2位は小松島市の林さんで2960グラム。3位は阿南市の久龍さんで2790グラム。総匹数は39匹。(県釣連盟報道部)