二塁塁審として甲子園で初めて審判を務めた佐古さん(右)

 徳島県高野連審判部技術部長の佐古辰夫さん(43)=三好市池田町、会社員=が7日、中四国地区代表として甲子園で初めて審判を務めた。

 第4試合の秋田中央―立命館宇治(京都)戦の二塁塁審を担当。二塁ベース上では、盗塁やけん制時のコールでは大きな動作で選手や観衆にわかりやすくジャッジした。また、打球の行方を追って甲子園の広いグラウンドを走り回った。

 佐古さんは「球児の聖地で審判ができてとても感動した。改善点を指導してもらったので、徳島に帰って若手審判員にも経験を伝えたい」と話した。