徳島県内の阿波踊り大会のトップを切り、鳴門市阿波おどり(市、鳴門商工会議所、市うずしお観光協会主催)が9日、市中心部で開幕する。11日までの期間中、地元連や徳島市の有名連が乱舞を繰り広げるほか、タレントらがゲスト出演して盛り上げる。

 長さ80メートルの桟敷が並ぶ東演舞場と、舞台演出が楽しめる「西おどり広場」の二つの有料演舞場を鳴門駅西側に設ける。各日午後7~10時に、鳴門市阿波踊振興協会所属連や徳島市の有名連など約25連が踊り込む。東演舞場では11日午後9時半から、協会所属連6連による合同演舞がある。

 吉本興業のタレント石田靖さんと宇都宮まきさん(9日)、板東英二さんと創作舞踊集団「寶船」(10日)がゲスト出演する。誰でも自由に参加できる「にわか連」は、各日午後8時から東演舞場に繰り出す。

 9日午前10時から鳴門公園千畳敷で「なると市連」が初踊りを披露。8日午後7時から鳴門市文化会館で市選抜阿波おどり大会があり、協会所属連などのステージが楽しめる。

 有料演舞場の前売り券(700円)は、コンビニや市うずしお観光協会で販売。当日券(千円)は演舞場近くに設ける販売所で取り扱う。市選抜阿波おどり大会の当日券(800円)は市文化会館で購入できる。

 9~11日の駐車場と交通規制は«別図»の通り。規制は午後6時半~10時半。雨天時は市文化会館で開く。問い合わせは実行委<電088(685)3748>。