徳島県教委は8日、教員採用試験の1次審査で試験問題に誤表記が2カ所あったと発表した。解答への影響はないと判断し、特別措置は行わない。

 高校(数学)で、問題の図面上の角度表記の位置がずれて印刷されていた。特別支援学校(知肢病領域)では、問題文の「考慮すべき点」と表記すべき箇所が「考慮すべ点」になっていた。

 試験は7月22日にあり、高校(数学)は50人、特別支援学校(知肢病領域)は61人が受験した。