8日正午ごろ、徳島県藍住町勝瑞の調剤薬局の駐車場で、町内の無職男性(85)が軽乗用車の運転操作を誤り、薬局の外壁に衝突した。同乗していた妻、店内にいた従業員2人にけがはなかった。

 徳島板野署によると、男性は車をバックさせようとしたところ、シフトレバーをドライブに入れたという。

 薬局の壁は縦1メートル、横70センチにわたって壊れ、店内に最大10センチ押し込まれた。