徳島の夏を彩る阿波踊りが9日、県内のトップを切って鳴門市で開幕した。市中心部の演舞場に26連が繰り出し、2万3千人(主催者発表)の観客を魅了した。11日までの期間中、街はぞめきのリズムに包まれる。

 午後7時、鳴門駅西の東演舞場で泉理彦市長や市阿波おどりPR大使の石田靖さんらがテープカット。地元連や徳島市の有名連が踊り込み、優美な女踊りや豪快な男踊りを披露した。

 舞台演出が楽しめる「西おどり広場」では、各連が息の合ったフォーメーションで会場を沸かせた。

 10日は板東英二さんや創作舞踊集団「寶船」が登場する。