西崎さん方の庭で見頃を迎えているサギソウ

 徳島市春日3の西崎武彦さん(72)方の庭で、サギソウ約1500本が見頃を迎えている。15日ごろまで楽しめる。

 サギソウはラン科の多年草。花の開いた様子が翼を広げたシラサギに似ているのが名前の由来とされる。西崎さんは1971年から栽培し、今年は7月10日ごろから直径2~3センチの花が咲き始めた。

 西崎さんは「真っ白のサギソウを眺めれば涼しい気分になる」と話している。毎年2月に球根約千個を掘り返し、希望者に無料で提供している。問い合わせは西崎さん<電090(4503)5059>。