超大型の台風10号は北寄りの進路を維持し、お盆休み後半の15日ごろには西日本の四国から九州に接近・上陸する恐れがある。西日本と東日本の太平洋側では13日午後から雷を伴った非常に激しい雨が降る見込み。水難事故も相次いでおり、気象庁は大雨による浸水や河川の増水、海岸での高波などへの厳重な警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると、東日本と西日本の太平洋側に台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込み、台風接近前から大雨の恐れがある。接近後は15日ごろにかけて台風本体の雨雲がかかり、西日本を中心にさらに雨量が多くなりそうだ。

 徳島地方気象台によると、県内は15日夕に最接近する見通し。13日午後から南部を中心にまとまった雨が降り、14日から大雨となる。同日午後6時までの24時間予想雨量は北部で100~200ミリ、南部で200~300ミリを見込んでいる。

 13日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は九州南部、沖縄23メートル(35メートル)、奄美20メートル(30メートル)、小笠原諸島18メートル(30メートル)、四国17メートル(30メートル)。波の高さは小笠原諸島8メートル、四国、九州南部、奄美7メートル、伊豆諸島、東海、近畿、九州北部、沖縄6メートル。

 13日午後6時までの24時間予想雨量は多い地域で東海200ミリ、近畿150ミリ。その後の24時間は東海、近畿、四国、九州北部・南部200~300ミリ。
台風10号は12日午後9時現在、小笠原諸島・父島の西約550キロの海上を自転車ほどのスピードに当たる時速約15キロで北西に進んでいる。中心気圧は965ヘクトパスカル。最大風速30メートル、最大瞬間風速45メートルで、中心から半径330キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。