12日、ゆっくり北上中の超大型台風10号の影響で、海上はうねりを伴う波が高った。県南の渡船業者のほとんどはイカダ、磯渡しを見合わせ、渡船を湾内に避難させロープで固定していた。波の高い時は無理な釣行は避けてほしい。

 各所で朝夕や潮の高い時には、チヌやキビレの姿が波止や岸壁の際で確認できるので、台風通過後の荒れ後に期待したい。手軽に釣行できる場所でも、ライフジャケット、帽子、磯靴は必ず着用してもらいたい。

 [船釣り]<伊島沖>12日、乗合船で出掛けた人らがジギングなどで、90センチまでのサワラとハマチ、メジロ合わせて11匹と90センチのオオニベ1匹、64センチまでのマダイ3匹、指幅5本までのタチウオ7匹、アジ、サバ、ツバスを各10匹余り、ガガネ、ホウボウ数匹。別の船も、60~80センチのメジロ14匹と45、48センチのアジ2匹、64センチのマダイ、65センチのサワラ、45センチのキジハタ、55センチのヒラメ、指幅4本のタチウオを各1匹、サバ、ガガネ数匹。もう1隻でも、65センチのカンパチ1匹と45~55センチのカンパチ5匹、63~65センチのハマチ3匹、45、50センチのマダイ、60、70センチのサワラ、45、48センチのアジを各2匹、サバ、ガガネ数匹。

 <兵庫・淡路島>12日、少しうねりがあった。南あわじ沖に自家用船で出掛けた人が16時半から約2時間、釣ったアジを餌にハリス7号で63センチのハマチと45センチのツバスを各1匹、33~38センチのカンパチ5匹。

 [潮入り川]<牟岐川河口>11日、薄濁りで潮はあまり動かなかった。14時から4時間半、右岸の先端付近で市販の加工沖アミ、コーンを餌に、ハリス0・8~1号チヌバリ1号でウキ下3ヒロ前後を探り、30センチのへダイと50センチのチヌを各1匹。少し上流で、31センチのキビレ1匹と40・5~48センチのチヌ6匹。近くでも型は未確認だが、2人がチヌを各1匹。左岸でもサオを曲げていたが未確認。表層にはボラ、上層には小アジ、中層には小型のメッキアジ、底付近にはフグが多く、手返しを早くするほうが良いようだ。また、サシ餌も沖アミだけでなく、いろいろと持参した方が釣果は上がるだろう。

 [友釣り]<勝浦川>11日、水位は20センチほど増水。病院前で18~23センチのアユ7匹。長柱周辺で15~18センチを4匹。飯谷周辺で日和佐TKOの人が20~28センチを17匹。近くで18~23センチを15匹。18時を回ったころから入れ掛かりになったようだ。別の人も21~25センチを9匹。同型を4匹。各所で50センチ級のナマズがオトリに食い付き、釣果の伸びない場所も多いようだ。                                (県釣連盟報道部)