台風10号の予想進路

台風の接近に伴い、白波が打ち付ける美波町の大浜海岸=13日午後6時半ごろ、同町日和佐浦

 超大型の台風10号は13日、四国の南の海上を北西に進んだ。15日昼すぎに徳島県に最接近し、四国西部か九州に上陸する見通し。徳島地方気象台は「南部を中心に総雨量が千ミリを超え、特別警報が発表される可能性がある」として、土砂災害や浸水、河川の増水・氾濫に最大級の警戒を呼び掛けている。

 気象台によると、県南部を中心に台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になる。南東斜面を中心に台風接近前の14日昼前から大雨になる見通し。15日未明から暴風域に入り、南部では猛烈なしけとなる。

 15日午後6時までの24時間予想雨量は北部400~600ミリ、南部600~800ミリ。多い所では総雨量が千ミリを超える恐れがある。

 大雨警報は早ければ14日昼すぎ、暴風警報は同日夜にも出る見込み。

 14日に予想される最大風速は北部、南部とも陸上で18メートル(最大瞬間風速30メートル)、海上で23メートル(35メートル)。波の高さは14日が北部7メートル、南部8メートル。15日はさらに高くなりそうだ。

 国土交通省四国地方整備局によると、吉野川では戦後最大規模の洪水になる可能性があるという。

 那賀町の長安口ダムでは13日午後4時から14日未明まで予備放流を実施して水位を下げる。6月に完成した新ゲートを活用し、初めて洪水調節容量1200万立方メートル(従来は1096万立方メートル)を確保する。

 台風10号は、紀伊半島に甚大な被害をもたらした2011年の台風12号と類似コースをたどるとみられる。県内では総雨量約千ミリを観測し、3人の死者が出ており、気象台は「徳島への風雨が強まる危険なコースを進んでいる」としている。