大型の台風10号の接近に伴い、徳島県内では14日、土砂災害や河川の氾濫に備えて自主避難する住民が相次いだ。南部を中心に大雨が予想され、避難者らは「大きな被害がなければいいが」と危機感を募らせた。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。