台風10号の強風で倒れた稲= 15日午前9時15分、阿波市土成町

満潮を迎え、波しぶきが堤防を越える美波町の県道日和佐小野線=14日午後6時20分ごろ、同町田井

台風10号の予想進路

 大型の台風10号は15日に四国か九州に上陸し、徳島県内には昼すぎに最接近するとみられる。徳島地方気象台は14日、全域に大雨と暴風警報を発令し、土砂災害や低地の浸水などに厳重な警戒を呼び掛けている。午後8時現在、三好、美馬市の7077世帯1万5537人に警戒レベル4に相当する避難勧告が出され、全市町村の370世帯500人が自主避難している。Uターンラッシュと重なり、交通機関の乱れは帰省客の足を直撃しそうだ。 

 気象台によると、15日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で北部700ミリ、南部900ミリ。南東斜面を中心に総雨量が1200ミリに達して記録的大雨になる地域がある見通し。

 予想される最大風速は陸上が北部20メートル(最大瞬間風速35メートル)、南部23メートル(35メートル)、海上が北部25メートル(35メートル)、南部28メートル(40メートル)。波の高さは北部7メートル、南部9メートルで、南部ではうねりを伴って猛烈なしけとなる見込み。大潮の時期に当たり、海岸や河口付近の低地は高潮への警戒が必要だ。

 台風の接近に伴い、14日は交通機関が乱れた。JR四国は、徳島線や牟岐線など四国全体で上下45本を運休し、約2100人に影響が出た。阿佐海岸鉄道も午後5時半以降の上下9本の運行を取りやめた。高速バスは、徳島バスが大阪線や関西空港線など一部を運休した。

 徳島を発着する空の便は、東京線の一部が1時間程度遅れた。南海フェリーは午前8時徳島発以降の上下12便を欠航し、オーシャン東九フェリーは終日欠航した。

 台風10号は14日午前3時の観測で「超大型」から「大型」に変わった。上陸後は西日本を縦断して日本海に抜け、17日にかけて温帯低気圧に変わって北海道や東北に進むとみられる。