4日、県内は天候には恵まれたが、昼すぎから南寄りの風が強まり波も高くなった。そのため、県南部の渡船では撤収した所もあった。これから暖かくなると近場の波止や岸壁でサオを出す人も増えると思うが、春先は波が高い日が多くなる。安全には注意して救命具は必ず着用したい。
 
 [磯]<津島>4日、水温15・8度で潮は上り。グレは、一番船付で28~39センチを13匹。ワレ船付で29~40センチを6匹。ワレスベリで35~41センチを4匹。ウノクソで28~39センチを8匹。
 
 <大島>4日、潮は上りで水温15・6~15・8度。次第に南寄りの風が強まり波も高くなった。28~49センチのグレ、25~33センチのイサギは、ノコギリ地の地でグレ9匹。ヒジカケでグレ1匹とイサギ2匹。木村でグレ3匹とイサギ2匹、31センチのアイゴ1匹。ヒッツキは2人でグレ12匹。屋形は3人でグレ7匹とイサギ3匹。エボシでグレ4匹。同地でグレ1匹とイサギ3匹。オハナ地でグレと35センチのイシダイ、23センチの本ハゲを各1匹。
 
 <高知・甲浦>3日、波は穏やかで水温15・4~15・9度。グレは土佐エボシで30~41センチを3匹。ミツバエ西で33~37センチを4匹。スズキでは尾長も含め30~35センチを15匹。エボシハナレで35センチを1匹。高バエで30センチの尾長を1匹。型は未確認ながら長兵衛バエで10匹。串出の丸バエで4匹。
 
 [船釣り]<牟岐沖>3日、水温15・5~15・9度で潮は上り。かけ釣りで26~37センチのイサギ40匹と45センチのハマチ1匹。
 
 [イカダ]<ウチノ海>4日、中央付近のヤカタでアオイソメを餌にチョイ投げでカレイは、30、31センチを2匹。別のヤカタで36センチを1匹。
 
 <宍喰>4日、沖のカセは1号で3人で30~46センチのグレ15匹と28~35センチのシマアジ3匹、30、34センチのイサギ2匹。ウキ下はサオ2本でアタリがあった。3日も1号で2人が、33~43センチのグレ13匹と30センチのシマアジ1匹。(県釣連盟報道部)