[磯]<大島>14日、水温16・4~17・8度で上り潮、渡船は12隻。28~41センチのグレは港回りのノコギリの地で3匹。フンドシは2匹。本場回りのホリモンは2人で3匹と30~32センチのイサギ5匹。馬ノ背で2匹と30センチのイサギ2匹、33センチのアイゴ1匹。金輪で2匹と26~33センチのイサギ12匹。沖冨士は2匹と35センチのイサギ1匹。地冨士も2匹と34センチのイサギ1匹。カブトは3匹と31センチのイサギ1匹。ヒッツキの大バエは24匹。ヒッツキの船付で34匹と大釣り。佐本回りのゴマは30~32センチのイサギ8匹。1番は3人で16匹と28~35センチのイサギ24匹。トビツで3匹と30センチのイサギ1匹。裏回りの平バエは2匹と28~32センチのイサギ9匹。田所で1匹と30~35センチのイサギ3匹。オハナでは2人で8匹と30センチ前後のアイゴ5匹。オハナノ地は3匹と30センチ前後のアイゴ2匹。櫂投回りのタニハンで8匹。

 <津島>14日、水温16度前後、潮は上り。グレはサンゴの東から大バエの東に替わった徳島市の2人が16匹と17匹。ワレのスベリは10匹。同西で12匹。湧きグレが多く見られ半数近くが40センチオーバーで50センチも上がっていた。

 [船釣り]<牟岐沖>14日、仕立て船から沖アミを餌にウキ下10ヒロ前後で2人が30~42センチのイサギ53匹。

 <高知・行当岬沖>14日、波風無く穏やかだった。仕立て船から沖アミを餌にオモリ250号、ハリス8号2本バリのカゴ仕掛けで流した2人が60~80センチのマダイ10匹と75センチのメジロ1匹。

 [イカダ]<宍喰沖>14日、沖のカセは1号で2人が33センチ主体に27~40センチのグレ14匹と27~31センチのシマアジ15匹。3号では40センチのイシダイ1匹と50センチのチヌ2匹。

 [渓流]<那賀川>14日、渇水気味で食いは渋かった。イクラを餌に、木頭北川周辺や久井谷川を数カ所探ったが、15センチ前後のアメゴ11匹だった。(県釣連盟報道部)