14日は台風10号の接近により沿岸部は高波が押し寄せていたが、県北部の港内の波止は午前中、雨や風はなく波も穏やか。依然好調のマメアジやチヌなどを狙う人の姿もあった。台風通過後も期待したい。

 全国的にアユ釣りや磯釣り、船釣り中に水難事故の犠牲者が相次いでいる。落とした道具を取ろうとして足を滑らせ、流されるケースも報告されている。釣り人にとって道具は大切だが、自らの安全を最優先に心掛けて、楽しんでほしい。

 [波止]<東沖洲>14日、旧沖洲突堤周辺は、波風ともに穏やか。イガイを餌に落とし込み仕掛けで2人が40センチ前後のチヌ3匹。

 <末広岸壁>13日、10時から約1時間、赤アミを餌にサビキ仕掛けで13センチ前後のアジ約100匹。

 <金磯岸壁>13日、15時半から1時間半、落とし込み仕掛けで43、45センチのチヌ2匹。

 <答島港>13日、夕方の短時間、コーンを餌にフカセ仕掛けで40~46センチのチヌ3匹。別の人は30センチまでを3匹。

 <橘港>13日、フカセ仕掛けで阿波一風の人が47センチまでのチヌ5匹。

 [船釣り]<香川・高松沖>13日、水深50メートルの場所で、徳島市の人ら9人が60グラムのタイラバージグを使い、30~70センチのマダイ10匹をサオ頭に合わせて28匹。30センチ未満の小型も掛かったが再放流。赤色のネクタイによくアタリがあった。

 [友釣り]<勝浦川>13日、上勝の通称テニスコート前で18~22センチのアユ31匹。周りの人も10匹前後。18時から台風10号に備え正木ダムの予備放流が始まった。それまでに、飯谷周辺で小松島市の人が16~23センチのアユ26匹。12日は、長柱で10時から5時間、20~25センチを16匹。水中糸に0・2号のフロロカーボンを使い、水深のあるトロ場はオモリを付けてオトリを沈ませたり、浅い瀬ではヨシの生えている際を泳がせたりして釣果を伸ばした。(県釣連盟報道部)