【リオデジャネイロ共同】欧州系格付け大手フィッチ・レーティングスは16日、アルゼンチンの国債の格付けを「B」から「トリプルC」に引き下げ、デフォルト(債務不履行)の可能性を警告した。