[波止]<今切川>17日、加賀須野橋下流右岸で沖アミを餌にフカセ仕掛けでチヌを狙い、午前中に56・5センチを頭に5匹。午後は左岸でサオを出して50センチまでを4匹。午後から少し上流で釣った人は30~54センチを6匹。雨の影響で濁りがあったためか食いがよかった。

 <小松島沖ノ一文字>17日、赤灯でアジ狙いは、サビキ仕掛けで13センチ前後を300匹。また、ウノクソでチヌを狙った人は45センチまでを5匹。

 <日和佐>17日、周辺の岸壁から3時間、フカセ仕掛けで41、48センチのチヌ2匹と30センチのグレ2匹。40センチのヘダイ数匹。型の良いグレも見えていた。

 <中島港>17日、16時半から1時間半、阿南市の和泉真悟さんと岡川亜美さんがサビキ仕掛けで5~12センチのアジ50匹と15センチ前後のイワシ70匹、20センチ前後のカマス20匹。

 <橘>17日、周辺の岸壁で5時から2時間、サビキ仕掛けで6~10センチのアジ200匹。周辺の人も100匹以上は釣れていた。

 [磯]<宍喰>17日、波は高く水温25・5~26・5度。クラセは底物仕掛けで45~50センチのイシダイ4匹と40センチのイシガキダイ1匹。松の下はフカセ仕掛けで35センチのグレと同型のカンパチを各3匹。

 [イカダ]<ウチノ海>17日、カカリ釣りは、23~45センチのチヌ20匹。別の人は30~42センチを6匹。家族連れなどが、10センチ前後のアジや25~35センチのサヨリをたくさん釣っていた。(県釣連盟報道部)